物置小屋の組立(2)

物置小屋が完成しました。
前回、壁のねじ穴が合わず上手く締められなかったので、再度ゆるめて調整するとともに正面の2枚を追加しました。
そしてドアを入れて完成です。
やっとミニ耕耘機等の農業資材を入れることが出来ます。

壁の完成
壁が完成しました。

完成(右)
ドアが入って完成です。




スポンサーサイト

物置小屋の組立(1)

物置小屋の資材が搬入されたので組立を始めました。
資材が細かく分類されているので各部品を確認するのが大変でした。
また、午後から始め夕方までに簡単に終わると思っていましたが、なかなか大変で暗くなって来たので途中で止めることにしました。


資材の搬入
搬入された資材

物置下部の組立
下部の設置
出来上がれば簡単に見えますが、最初は右往左往・四苦八苦でした。

床張り
床を張りました。
床止めがあったのですがねじが入らなくて苦労してました。変だと思い説明書を読むとねじの形状が違ってました。
時間をロスしがっかりです。

柱
柱と梁の設置。
一人で良くできたと思います。

屋根張り
屋根張り。
背伸びのしすぎてふらふらでした。

壁張り
やっと壁に入りました。
左から順に張っていきましたが、各角の部品がうまくはまらないのとねじ穴が会わないので苦労しました。
何かが間違っているのかと不安です。


物置小屋の設置

現在、耕作関係の道具は車に積んで持ち運びしている道具と農家の釘付けされた開かずの小屋に保管してもらっているものがあり使用するのに面倒になってきています。
このため、道具を保管する既製品の小屋を建てることにしました。
資材だけお願いし組み立て等は自力で行います。
今回は軽量ブロックで束石を設置しました。

束石
砂利を敷き均しその上にで9個の軽量ブロックを並べました。
物置の大きさは2.12m×1.52mで1坪程度です。

水平器
高さは水平器と木材を使い縦・横・斜めと行ったり来たり苦労して調節しました。
次は資材の到着を待って組み立てに入ります。



プロフィール

一郎庵

Author:一郎庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR