植え穴が・・・・・・・

・クリ畑の植え穴の一つが湛水してました。

最近の降雪や雨により土地が飽和状態になりあちこちに水たまりが見られるようになってました。
その中でガマが生えていた所から一番近い植え穴が写真のとおり湛水してました。(他の3箇所は大丈夫でした。)
この季節になり判明しましたが、どのように排水するか苦慮しています。
このままでは来年の植樹を残念せざるおえないと考えてます。



湛水

満水状態で氷が張ってましたが朝から夕方にかけて少しずつ水位は下がっていきました。


スポンサーサイト

4つ目の植え穴を掘りました。

クリ畑の山ブドウと伐木を整理し4つ目の植え穴を掘りました。
他の植え穴と同じくクマ笹の根と石をツルハシを使って堀り上げました。
これで4つ、今のところ利平とぽろたんの品種を来春に植えようと考えています。
ただ、クリは複数品種の混植が不可欠とされているのですが、この組み合わせが妥当か不明です。


植え穴
4つ目の植え穴。

山ブドウ
山ブドウの蔓を集めましたが、どうするかもてあまし気味です!

伐木
切るのが大変でしたが、重たくて集めるのも大変でした。
後の処理が課題です。

伐採しました。

クリ畑の木を切りました。
山ブドウの蔓が絡んだ木を切るかで躊躇していましたが、クリの木をもう1箇所増やすため蔓を残し木だけを伐採することにしました。
伐採後、蔓を解きながら枝を切り離していきましたが、見た目より蔓が多く絡んでいるのにびっくりしました。


伐採前
山ブドウの蔓が絡んだ木。伐採開始です。

伐採後
蔓を切らないように気を付けて伐採しました。

伐採木根元
のこぎり一本で時間がかかりましたが伐採完了です。

山ブドウの蔓
山ブドウの蔓を集めました。奥にこれと同じぐらいの蔓があります。
このままだとどうしようもないですが、もったいないので切るのを躊躇してます。

伐木整理中
蔓や小枝を整理し見通しも良くなってすっきりしました。
蔓のところにクリの植え穴を掘る予定です。



クリの植え穴の準備

クリ畑に植え穴を掘ってます。
クリ畑に山ブドウの蔓が絡んだ木があるため、伐採を躊躇したため3箇所だけ穴を掘りました。
本によると植える穴は直径100cm、深さ60cmで有機物や堆肥等で埋め戻すようになっています。
そして、来春植える予定でどのような品種を植えるか楽しみながら選んでいます。
いよいよです。

クリ畑全景
土が盛られているところが植え穴です。
左側の木が躊躇している木です。

植え穴1
植え穴1です。
クマ笹の根が一面に厚く張っていて剥ぐのに苦労したところです。

植え穴2
植え穴2です。
ここもクマ笹の根を剥ぐのが大変な所でした。

植え穴3
植え穴3です。
クマ笹はもちろんですが、大きな石が多くてツルハシが入らなくて苦労しました。
また、ガマの生息地が近くにあり、栗の生育の課題となる排水が気になる所です。

クリ畑の課題

クリ畑の刈払いを進めています。
しかし、刈り払ったクマ笹の層が厚くて植え付けできる様な土がなかなか出てきません。
また、山ブドウの蔓(雄株)ですが木に絡みついて木を切るのがためらわれます。
さらに驚きですが、奥に水溜まりがありなんとガマが繁殖していました。
前途多難です・・・・・・・・。

クリ畑右側  クリ畑左側  
クリ畑を2枚に分けて写してます。
左側の写真に木があり山ブドウ(雄株)が絡みついています。
右側の写真の奥に水溜まりがあり水辺の植物のガマが繁殖しています。


植樹位置
クリの植え付け場所に見出し杭を入れました。
木の間隔は8mとしました。

ブドウの蔓
山ブドウの蔓が複雑に絡みついています。
ばっさり切ってしまえば気が楽ですが、蔓の活用もありためらってます。

ガマ
最近見ることがない珍しいガマです。
周辺は水たまりと言うより池のようです。排水はどうしたら・・・・・・・・!


プロフィール

一郎庵

Author:一郎庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR