28土地利用計画

平成27年実績及び28年計画

小さくて分かりづらいと思いますが果樹や畑の位置関係を示しています。出来ればじっくり眺めてみてください
耕地図28
注1 赤○は植樹済み
注2 耕地図下の○は湧水カ所

平成27年実績
<果樹編>
 1.栗、リンゴ、桃、柿、梅を植樹
 2.果樹畑最上段(敷地境界)まだクマ笹刈り払い
 3.柿、梨、ブル-ベリ-植え穴掘削
<畑作編>
 1.作付け
   スイカ、メロン、カボチャ、ジャガイモ、大豆(丹波の黒大豆)、大根、人参、ブロッコリ-、なすび

平成28年計画
<果樹編>
 1.柿、梨、ブル-ベリ-植樹
 2.最上段の畑にブドウ棚の設置
 3.最上段の山ブドウの蔓が絡んだ鬼クルミの伐採
 4.3の蔓を2の棚に移し替え
 5.湧水カ所の整備及びわさび田の造成

<畑作編>
 1.カボチャ、ジャガイモ、大豆(黒豆)、サツマイモ、大根、人参、タマネギ

以上が実績と今年の計画です!・・・楽しみです  

その他
<果樹の選定>
 ○果樹は昨年と同様長野から購入予定
 ○柿については最高級と言われる堂上蜂屋(渋柿ですが)
 ○梨は幸水と豊水

○ブル-ベリ-は ・パトリオット:食味最優良品種、耐寒性(-20度)
・ ノ-スランド:土壌を選ばず良く育つ、ポルフェノ-ルが特に多く含む
・ネルソン  :収量が多く冬の寒さに強い

<畑作物の選定>
 ○スイカ・メロンについては甘みが少なく人気もないことから止めることにしました。
 ○丹波の黒大豆については北海道では無理と理解し取りやめです。
  (兵庫の専門家の話では千葉県までは栽培可能でそれより北は不可とのことです)
   昨年は丹波という名前の魅力に負けました・・・・・・・・
 ○今年は北海道で栽培可能な黒豆(正月用に・・・)
 ○余市のJさん家で食べた石焼き芋につられて今年挑戦です。
 ○カレ-の野菜を自給するためタマネギも挑戦

<懸案事項>
 ○ブドウ棚の設置
  φ50mmの単管を建て込んで田の字型にする予定です。
    支柱 3m×9本(0.5m埋め込み)
    梁   4m×12本
    上面は針金でネット上にする予定です。
 ○わさび田の造成
   静岡のわさび田のイメ-ジで考えています。
   掘り起こした砂利を敷き並べる余裕があるか不安ですが・・・・・・・?






スポンサーサイト

27土地利用計画

平成26年実績及び27年計画
平成26年実績(朱色)
1,ログハウス建設箇所から山側に向かう3段(ログハウス、クリ畑、リンゴ・桃畑)の伐木、クマ笹の刈払いを実施
  ※リンゴ・桃畑はクルミ畑から変更(クルミからリンゴと桃に気移り)
2,山ブドウ畑のクマ笹の刈払いとブドウ棚(冬は橫梁取り外し)の設置

平成27年計画(青色)
1,ログハウスの列の山側にクルミ・梅畑、ブル-ベリ-畑、ブドウ畑(仮称)の伐木及びクマ笹の刈払い
2,山ブドウ周辺の伐木、クマ笹刈払い(色塗りなし)

3,植樹
・クリ畑(植え穴4箇所)
 ぽろたん×2本、実が30gと大きく、また渋皮が剥きやすい。
 利平×1本、   実は25gで痩せ地でも良く育つ。「ぽろたん」の受粉樹として適している。
 ※1箇所は排水不良ため植樹を検討中、現在は湛水無し
・リンゴ・桃畑(植え穴4箇所)
 金一郎ふじ×1本、実が380~450gと大きい。
 シナノゴ-ルド×1本、実が350g前後、日持ちが良い
 川中島白桃×1本、実は300g以上(花粉無)
 黄金桃×1本、実は260~280g(花粉有)、無袋栽培が可能
 
耕地図
プロフィール

一郎庵

Author:一郎庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR