新たな発見

<ワサビ田に!>


最上段の畑の山側で水が湧き出ているのを発見!
ふとワサビがよぎりました・・・・・!


湧水①
右上が水源です。
融雪時のみかもしれませんが、この湿地を利用したワサビの栽培も可能かもしれません!


湧水②
上の写真の右上をアップにした写真です。



スポンサーサイト

タラの芽編

<今年は豊作?>


収穫時期を逃さないようにこれから観察していきます。
芽はすべて穫ったらだめと聞きますが・・・?


タラの芽①
少し芽が膨らんできた気がします?


タラの芽②
ここは山ブドウのある畑です。
不思議なことにクマ笹を刈った後にタラノキが雑草のごとく生えてきました。
ここに6本ほど見えていると思います。



ジャガイモの種芋準備

<ジャガイモの掘り出し>

昨年、農家の保存方法を真似て畑の中に埋めたジャガイモを掘り出しました。


種芋の山
昨年埋めた場所です。
芽が出たり腐っていないか心配です!


掘り起こしたジャガイモ
ジャガイモを掘り出しました。
土は湿気っていましたが見た目大丈夫なようです。
後は病気が心配です・・・・・種芋を買った方が迷います・・・・・・・・・・・?


天日干し中
天日で乾燥してます。
作付けまで何回か続ける予定です。


造成開始①
今年はもう少し畑を増やそうとスコップで起こし始めました。
草の根株が大きすぎて反転だけでやっとです。
作付けは来年以降になる予定。


造成開始②
畑は山側に拡げてます。
手前は既存の畑です。昨年一通り除レキしたつもりでしたが驚くほど沢山の石が浮き上がってきてました。
また石拾いです・・・

丹波の黒豆?
余談ですが、昨年収穫し物置で乾燥させていた丹波の黒大豆を脱穀してみました。
ほとんどが未熟で残ったのがこれだけです。
上の2個が黒豆らしい豆になった思います。
やはり北海道では丹波の黒大豆は難しいですね。




冬囲いの撤去

<5ヶ月ぶりの果樹畑です!>


冬囲いの撤去です。
結果、9本のうち1本(桃)が雪の影響で折れていました。
でも今年の成長を楽しみにしてます!


全景
なじみの光景です。


桃
これが問題の1本です。
冬囲いが雪の影響で支えが折れ、さらにネズミよけのすだれがペチャンコになるなど大きく変形してました。
他に小屋側の栗の苗木にも同じような現象が・・・・・・・・・・折れるまでの被害はありませんでした。
これらから考えると山からの位置や冬囲いの方法に問題があったのかもしれません。来年への課題です。


折れました
冬囲いを外す前から見た目桃の木が植えた時よりなんか小さくなった感じがありよくよく観察してみるとなんとこんな感じで折れていました。がっかりです。
ただ、完全に真っ二つに折れていない?ので慎重に伸ばし麻縄でぐるぐる巻きにしてみました。


処置
こんな状態です。
後で気がつきましたが当て木をすれば良かったのではと・・・・・・・・?


希望のつぼみ
ただ、写真では見えないと思いますが、下の方で左に伸びた細い枝に新しいつぼみが見られるので何とかなるのではと期待してます。
見えないですよね。いつも接写がうまくいかず残念です・・・・・・・・



苗の準備②

<サツマイモの苗作りに挑戦>

石焼き芋をめざしサツマイモ作りです。
その前に苗作りに挑戦です!


種芋
サツマイモは近所のス-パ-で買いました。品種は紅あずまです。
特に腐敗や黒ずみのないイモを選んだつもりです・・・・・・・・・・・?


温度調整
植え付け前には殺菌消毒が必要なようです。
また、本では「サツマイモを47度のお湯に30分間浸す」とあります。
なぜ47度と中途半端な温度が消毒となるのか不明ですが、一定の温度となるように努力しているところです。


イモ投入
温度が一定となった所でサツマイモを投入。
当たり前ですが、入れると同時に温度か低下します。
何度もお湯を足したりして行ったり来たりで大変でした!!!


植え付け
殺菌したサツマイモをプランタ-に隙間なく並べてとあったのでこんな形に並べてみました?
プランタ-が小さいかも?


覆土
サツマイモが見えないくらいに覆土して完了です。


ビニ-ルハウス
つぎにサツマイモの発芽適温が25~30度で最低15度以上、日中が25度になる場所に置くと書かれてます。
北海道の現状ではとても難しいのでとりあえずビニ-ル袋をかぶせることにしました。
50~60日で苗がとれるそうです。



苗の準備①

<畑の準備も始めました!>

今回はカボチャ、黒豆、ブロッコリ-(新たに追加)の苗の準備です。



カボチャの種
昨年収穫したカボチャ(クリリン)の種です。
本によると「よく乾燥した種子を紙袋に入れて冷蔵庫に保存する」とありますが冷蔵庫は省略してます。
カビの発生もなく種としては大丈夫と思うのですが・・・・・・・・・・?



ポット栽培
厳選した12個の種を1個ずつ植えました。
発芽するか楽しみです。



黒豆の種
昨年は丹波の黒大豆に挑戦しましたが・・・・・・・・・・(10月頃の遅い時期に大きく成長し実が出来るのではと期待しましたがやはり時遅しで間に合いませんでした)・・・・・・・・・・やはり北海道では無理でした。
<丹波の黒大豆は千葉が北限のようです!!>
なので今年はホ-ムセンタ-で販売されている「くろ光大福」に挑戦することにしました。



黒豆のポット栽培
50個蒔きました。



ブロッコリ-の種
昨年は2本の苗から驚くほど立派なブロッコリ-が収穫出来ました。
今年は沢山沢山収穫できるように種から挑戦することにしました。
ただ、青虫対策は課題ですが・・・・・


ブロッコリ-のポット栽培
黒豆が13個、ブロッコリ-が37個です。
余談ですがブロッコリ-の種を初めてみました。えらく小さいのに驚きです!
1ポットに2粒蒔きました。上手く育つかな・・・・・・・・・・



果樹が届きました

<28年のスタ-トです!>

今年植える予定の柿、梨とブル-ベリ-の苗木が届きました。
いよいよ今年の作業が始まります。


梱包
昨年と同じ梱包で長野から届きました。
この中に柿1本、梨2本、ブル-ベリ-3本が入ってます。


処理方法
着いた後の処理方法が書かれています。
果樹については約半日、根を活水に浸すことになっています
また仮植えする場合は10~20㎝の間隔に1本1本斜めに並べて土を被せると記載されてます。



梱包状況
梱包状況です。
片方にブル-ベリ-を3本並べテ-プで固定し反対側に梨などの根がくるように梱包されていました。
重たい方を下にして運んでましたがブル-ベリ-が結果的に逆さまにして運んでいたようです。びっくりです!!
しかし、上手い梱包方法ですね。


柿と梨
柿と梨です。左から堂上蜂屋、幸水、豊水です!
昨年と同じく根はむき出しのままです。道内のホ-ムセンタ-では根は土と筵で保護されていますが・・・・・?
この違いは何なんですかね?


ブル-ベリ-
ブル-ベリ-です。左からネルソン、ブル-レイ、パトリオットです。
計画はネルソン、ノ-スランド、パトリオットでしたがポリフェノ-ルが特に多いと言われるノ-スランドが品切れで残念ですがオ-ルマイティ-な品種のブル-レイに変更しました。



活水に
処理方法どおり5時間ほどこのまま活水に浸しました。
バケツの水位が目立って下がっていることに驚きです。


ブル-ベリ-植え替え
ブル-ベリ-を植え替えました。
6月頃に古平の畑に植え替え予定しています。
昨年に植え穴を準備しましたが埋め戻す土がなくすぐに移植できないので・・・・時間がかかります!


柿・梨移植
昨年は処理方法どおりに仮植えをしましたが移植時に環境の違い?が大きく古平の畑に根付くのに相当時間がかかった気がしました。一時、リンゴの苗木は枯れてしまったのではとハラハラしました!
そのため、今年は鉢植えにすることにしました。
植え方にもよりますが、移植時に少しでも根に土が付いて根付きは早くなるのではと思っています。




プロフィール

一郎庵

Author:一郎庵
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR